まんこ 黒ずみ アットノン

アットノンのまんこの色素沈着への効果

古い傷跡やけど跡を治すのに人気のあるのはアットノンという薬小林製薬が出している皮膚改善の薬なのですが、まんこの黒ずみに対処することはできるのでしょうか。

 

アットノンでまんこの黒ずみを対処できる?!色素沈着の薬

 

アットノンとはどんな効果があるのか、
後のはどんなものなのでしょうか。
アットノン小林製薬から発売されている皮膚の疾患の治療薬です。

 

 

主な効用は
傷・火傷の跡、皮膚のしこりやつっぱりを治す、
膝やくるぶしなどの角化症
その他肘やかかとのガサガサ、打ち身や捻挫の後の腫れ、
あかぎれ、しもやけ、やけど跡など様々な皮膚のトラブルに効果があります。

 

第二医薬品に指定されている医薬品です。

 

配合されている成分
ヘパリン類似物という成分で保湿効果・血行促進・効果抗炎症作用があります。

 

なぜアットノンが傷跡や火傷あとに効果があるのか

アットノンが効果があるのはヘパリン類似物という薬用成分入っていてこれが血流改善して皮膚のターンオーバーを活発にして早く黒ずんでしまった皮膚を落とす効果があるからです。

 

 

アットノン後のは色々なタイプがある

アットノンには

  • 透明ジェルタイプや
  • クリームタイプ
  • ローションタイプ
  • コンシーラータイプ

など4種類の薬があります。
全国の薬局屋ネット上のウェブサイトなどで取り扱っています。

 

 

アットノンはまんこの黒ずみ治せるの

アットノンはターンオーバーを早くすることからメラニンの色素が沈着した
古い角質を早く落としてくれる効果があります。

 

ですのでまんこの黒ずみにも効果があります。

 

効果に期待しすぎは禁物

ただし注意点があります。それはメラニンの対する直接的な作用はないというところアットノンはヘパリン類似物が含まれていて血行促進しそれでターンオーバーを早くしてくれるという効果が期待できるんですが、生まれ続けるメラニンを抑えることはできないのです。

 

ですので効果はありますが限定的、それも時間がかかる方法です。

 

副作用も無視できない

そもそもアットノンはまんこに塗るために作られている薬ではありません。
ですので大陰唇などなど別ですが、iラインなど粘膜に塗るときはその影響が計り知れません。

 

当然説明書に書いてある方法以外で使えば医薬品メーカーは責任を取ってくれないので自己責任で使うしかありません。

 

アットノンには血流良くする効果がある反面出血しやすいという副作用もありますから、まんこに使うにはとりわけ慎重になる必要があります。

 

アットノンを使うくらいなら

まんこの黒ずみ落としにアットノン使うぐらいなら、最初から美白効果が入っている美白クリームを使うほうが近道です。

 

アットノンは1700円程度で購入できるため美白クリームよりは安いのですが、メラニンに対する効果がありませんし、まんこへは適用外です。

 

ですのでアットノンを使って黒ずみを解消しようと思っている方は、美白クリームも視野に入れると良いかもしれません。