まんこ 黒ずみ ハイドロキノン

ハイドロキノンのまんこの黒ずみへの効果

ハイドロキノンは肌を美白する成分としてはあまりにも有名です。
そして効果も高く個人輸入してでも使いたいという方が少なくありません。

 

このページではまんこにハイドロキノンを使っていいのか成分は効果があるのかについてみていきたいと思います。

 

ハイドロキノンとは

ハイドロキノンは逆効果!まんこの黒ずみを治せる?

 

ハイドロキノンは肌を美白する成分です。
アメリカでも医薬品になっていて日本でも医薬品として使われています。
そして2%以下のものは市販でも使えるようになっています。

 

ハイドロキノンはもてはやされる理由これはズバリ効果の高さです。
普通の他の成分はメラニンを出す命令をブロックしてくれる効果があるのですが、ハイドロキノンにはメラニンを生み出すメラノサイト自体の数を減らす働きがあります。

 

そしてさらに驚いたことにメラニンの還元作用と言って、すでにできてしまったメラニンを消去するという働きも持っています。

まんこもハイドロキノンで綺麗にできる

もちろんまんこもハイドロキノン使うことで綺麗にすることができます。
ただし副作用のリスクは高いです。
そこで副作用について紹介します。

 

まだらになってしまうかも

以前大手製造メーカーが作った石鹸で洗った皮膚の部分が白くまだらになってしまうという事件が起こりました。
ハイドロキノンには強い美白効果がありますのでそのようなまだらになるというリスクがあります。

 

肌荒れの危険性がある

ハイドロキノンは刺激的な成分です。
まんこは肌の角質が牧草しかない証明の中では一番皮が薄い部分ですので刺激も時間に受けてしまいます。
それで赤くなったりぶつぶつしたりというような副作用も考えられます。

 

最悪の場合は黒ずみが悪化最悪の場合黒ずみが悪化

 

まんこの黒ずみは刺激で悪化するということをご存知と思います。
実はハイドロキノンが高刺激になってしまうことがあります。

 

となるとハイドロキノン塗ったところが黒ずんでしまうという危険もあります。
これでは本末転倒です。
実際に起こっている話です。

 

まんこにハイドロキノンを使う時の注意点

どうしてもハイドロキノンをまんこに使いたいという方のために注意点を紹介したいと思います。
濃度8使用方法を守って使う使用期限が過ぎた物は使わない縫った部分を紫外線から守る日焼け止めなどを使う高濃度のハイドロキノン使いたいときは美容皮膚科に相談する

 

まんこには専用クリームの方が安全

大きなリスクをおかしてまでハイドロキノンをまんこに使うことはありません。
まんこ専用の美白クリームは数多く販売されています。

 

入っている成分はもちろんハイドロキノンより弱いものです。
しかし副作用の心配が全くないように刺激フリーに作られています。
まんこにはこちらを使った方が賢明ですね。

 

何といっても副作用で黒ずみが悪化してしまって心配がないですから
効果がなかったとしても悪くなってしまうことは絶対にありません。

 

まんこの美白クリームを使って効果がなければハイドロキノンを検討するといった手順の方が安全です。

 

トップページに戻る