まんこ 黒ずみ プラセンタ

プラセンタは陰部の色素沈着に効く?

化粧品によく配合されているプラセンタ。
サプリとして摂取する方も少なくありません。
そしてまんこの黒ずみ改善クリームにも入っている成分プラセンタ黒ずみに効果があるのでしょうか。
その危険性とともに解説していきたいと思います。

 

プラセンタはまんこの黒ずみに効果があるの?危険性は?

 

そもそもプラセンタとは

医療や美容業界では広く使用されていて認知症の高い成分なのですが、もしかするとプラセンタて何、どこの部分なのという方もいるかもしれないのでプラセンタの基礎情報を紹介します。

 

 

プラセンタは日本語で言うと胎盤のことです。
胎盤は赤ちゃんが育つときに栄養などをお母さんから受け取るでもあります。
なぜこの胎盤は美容に関係するかというと赤ちゃんに必要なものがすべて含まれているからです。
つまりとても栄養が豊富

 

野生の動物が赤ちゃん産んだ後自分で自分の胎盤を食べているのを見たことがありませんか。
猫なんかそうですよね。

 

つまり健康にも美容にもいい成分がたっぷり入っているので、まんこの美白成分にもよく配合されているのです。

 

プラセンタの種類

プラセンタは実は1種類ではありません。胎盤なので当然といえば当然です。
人由来のものや馬由来のもの豚由来のものなど様々最近は植物性のプラセンタといって植物の種子の肺の部分プラセンタということもあります。

 

それで美容でよく使われるプラセンタは馬や豚由来のものです。
豚由来のものは寄生虫などの心配やBSEなどの懸念材料がないため美容のために人間によく使われます。

 

プラセンタはまんこの黒ずみに効くの

プラセンタはいくら栄養豊富だといっても黒ずみの改善効果がなければ配合してる意味がありません。
プラセンタは黒ずみに効果があるんでしょうか。
結論はあります。認められているため厚生省の美白成分として医薬部外品指定の認定を受けています。

 

 

プラセンタが黒ずみに効く仕組み

プラセンタの黒ずみに効く仕組みは以下のようになります。

 

まず黒ずみの原因はメラニン、プラセンタはこのメラニンの生成に関わるチロシナーゼという物質の合成を阻害します。
つまりメラニンの発生を抑える効果があるのです。
それだけでなくプラセンタには抗炎症作用と活性酸素の除去機能があり、肌の新陳代謝を正常にするためにも役割を果たす成分です。

 

 

プラセンタの副作用は

胎盤と聞くと気持ち悪い怖いと思う方も少なくないでしょう。

 

このようなものをまんこに塗って危険性はないのでしょうか。

 

プラセンタは美容家医学の分野で幅広く使われていてその安全性は確立しています。
使われている豚や馬などは感染症などの検査をちゃんとしており衛生的です。

 

ですので日本で作られた黒ずみケア使えば問題になることはありません。
ただし豚肉にアレルギーあれば別の話アレルギー反応が起きてしまいます。

 

ですのでアレルギーがあるという方はパッチテストすることをお勧めします。

 

 

プラセンタが配合されている美白クリーム

以下にプラセンタが含まれているまんこの色を改善するクリームを紹介します。
まずホワイトラグジュアリー
そしてピューレパールなどの商品、
そしてお尻の黒ずみを改善するアットベリーにもプラセンタが配合されています。