まんこ 黒ずみ 市販薬

まんこの色素沈着を治せる薬?!

市販品でまんこの黒ずみを治すことができると噂されている商品がありますね。

 

例えばアットノンやオロナイン、ヒルドイド、ニベアなどこれらの商品が本当にまんこの黒ずみの治療に使えるのかを徹底検証したいと思います。

 

ニベアの青缶の効果

まんこの黒ずみを治せる薬!色素沈着に効く市販薬はあるの?

 

ニベアの本来の効果効能
ニベアの本来の使われ方は足の皮膚の保湿です。配合されている成分はホホバオイル・ミツロウ・スクワランなどの保湿成分手足などはもちろん全身のスキンケアにあまりにも一般的な薬です。

 

効果はあるのか
効果は非常に少ないです。

 

なぜ効くといわれているか
ニベアはまんこの黒ずみに全く効果がないという訳でなく、効果があるというのも一理あります。

 

というのは保湿をすることで肌の新陳代謝を生業にしてメラニンが染み込んでいる皮膚を落とすことはできるからです。

 

効果がないというのはメラニン生成に効果がないからです。
ニベア塗ることで保湿はできますが、黒ずみへの効果はかなり薄いと考えてよいでしょう。

 

 

オロナインの効果は

まんこの黒ずみを治せる薬!色素沈着に効く市販薬はあるの?

 

元々のオロナインの使われ方は傷を治すことです。
擦り傷や切り傷をなおすのに総合的に使われている薬です軽いやけどにも対応しています。

 

黒ずみの効果は
ほとんどない

 

黒ずみに効くという理由は
オロナインが黒ずみに効くと言われている理由は何なのでしょうか。
それは小鼻の角栓をパックで落とせる事から転用されたと思われます。

 

確かにオロナインは小鼻にパックすることで角栓を取り除くことができて鼻の黒ずみを落とすことができます。
ただしこれはまんこに効くかと言うとそうではなくてまんこはメラニンを落とさないと駄目なんです。
そのメラニンを落とす効果がないので効果ゼロに近いということです。

 

アットノンの効果

 

アットノンの本来の使い方は古い傷の跡を治すことです。
例えば医療切ったり火傷したりすると後が残ります。
それを解消するための薬です。

 

黒ずみの効果は
小さい

 

効くと言われている理由
アットノンが黒ずみに効くと言われている理由は、切り傷など起こる色素沈着とまんこ色素沈着がごちゃごちゃにされたからだと思われます。

 

確かにアットノンは血行促進して皮膚の生まれ変わりを早くし、切り傷などの傷跡を早く消すための効果があります。

 

ですがまんこは傷ではなくメラニンが定着していることが原因です。
これに対する効果が残念ながら含まれていません。

 

参考記事:アットノンでまんこの黒ずみを対処できる?!色素沈着の薬

 

ヒルドイドローションの効果

まんこの黒ずみを治せる薬!色素沈着に効く市販薬はあるの?

 

かなり小さい

 

ヒルドイドローションが効くと言われている理由
ヒルドイドローションのもとの効果効能は荒れた肌を保湿する効果です。
それでアトピーでガサガサになってしまった肌や手湿疹などで開いてしまった肌を乾燥から守るために病院から出される薬です。

 

肌を保湿する作用があるという点と
肌の生まれ変わりを促してくれる
という2つの効果が理由だと思われます。

 

確かに黒ずみ解消に保湿は効果的です。
そして肌の生まれ変わりが早くなることも大切です、
しかし肝心なメラニンの抑制効果がないのでまんこ黒ずみには効果が見込めません。

 

市販薬の効果は・・

メラニンに対する効果という言葉はいくつも使ったので何?と思った方もいると思います。

 

「メラニンに対する効果」はまんこの黒ずみの原因物質であるメラニン色素を消すことができたり、メラニン色素が生まれないように抑制してくれる効果のことです。

 

上で紹介した4つの薬にはこの効果がなくて、それでまんこの黒ずみは効き目が薄いという結論が出ているのです。
ではどんなものを使えば黒ずみは解消できるか、と言うとズバリメラニンの発生を抑えてくれる美白成分が入っている商品です。

 

これを美白クリームと言います。
美白クリームなら原因物質が作られるのを抑えるので黒ずみを治す効果が見込めるのです。

 

 


参考になる記事を解説します。
それはこちら:まんこピンク.net
まんこの色をピンクにする方法について詳しく書いてあります。