まんこ 黒ずみ トラネキサム酸

まんこの黒ずみにトラネキサム酸は使えるの?

このページではトラネキサム酸を股の黒ずみに使ってよいか副作用ないのかを紹介したいと思います。

 

まんこの黒ずみも日焼けや加齢によるシミなどと同じような仕組みでできます。
トラネキサム酸は化粧品などによく入っている成分で黒ずみに効果がありますですので、もちろんまんこの黒ずみに対しても同じように効果を発揮します。
どんな成分なのでしょうか。

 

まんこの黒ずみにトラネキサム酸は治療効果あり?副作用も紹介

 

トラネキサム酸とは

トラネキサム酸は別名トランサミンともいわれていてメラニンの生成を抑制する効果があります。
それで肌荒れやそばかすなどの対策にも使われています。

 

トラネキサム酸はアミノ酸のひとつで炎症作用抗アレルギー作用があり、
皮膚科の治療や止血の目的で昔から使われてきました。

 

今から40年ほど前にシミに効果があるというのが発見されてそれ以来美白にも使われるようになりました。

 

トラネキサム酸はどんな仕組みで黒ずみに効くのか

肌は刺激を受けるとメラノサイトというメラニンを作り出す細胞にメラニンを作れという命令を出します。

 

トラネキサム酸はその命令をブロックする効果があるので、メラニンが作られなくなり結果黒ずみが薄くなるというわけです。
またトラネキサム酸にはメラニンを作る細胞を活発にする効果もあってこれも黒ずみの沈着を防止してくれます。

 

トラネキサム酸には副作用はないのか

ハイドロキノンという美白成分には強力な効果もありましたが、強い副作用があるというデメリットがありました。
トラネキサム酸の場合はそんな副作用はあるのでしょうか。

 

結論から言うとトラネキサム酸にはほとんど副作用がありません。

 

まれに食欲が落ちたり胸焼けがしたり発疹が出るといった副作用は出ますが、
これは内服した場合の話肌に塗るぐらいではそのようなリスクはほぼゼロです。

 

ですので安心して使えます。