まんこ 黒ずみ トレチノイン

トレチノインの色素沈着への効果

 

ハイドロキノンと並んでよく出てくる成分名にトレチノインがあります。
トレチノインとは何なのでしょうか。
このページではトレチノインのまんこの効果や副作用について解説していきます。

 

トレチノインのまんこの黒ずみへの効果と副作用!

 

トレチノインとは
トレチノインは日本では皮膚科などの病院でしか使うことができない美白成分です。
黒ずみを解消するために使われている一般的な成分です。

 

 

トレチノインの効果

トレチノインはビタミンAの誘導体であり美白効果が強いです。

 

そして肌のターンオーバーを早くする効果もあり古い肌が新しくなることから美白に効果的な成分です。
そのため病院ではシワ取り、黒ずみ解消、にきびケアなど様々な用途で使われています。

 

まんこの黒ずみに効果はあるの

ビタミンA誘導体が美容にいい成分であることをわかりましたが、
やはり気になるところはまんこの黒ずみに効果があるか

 

結果から言うとトレチノインはまんこの黒ずみ除去に効果があります。

 

トレチノインは肌のメラニン色素除去してくれるものですので、どんな部分でもメラニン色素の沈着原因の色素沈着には効果があるのです。

 

 

トレチノインの副作用

そんな効果的なトレチノインですが、実は副作用もあります。
トレチノインで起こる副作用は肌の刺激がむける赤みが出る、乾燥肌になる、痒くなるなどの副作用があります。
それ以外にも紫外線に弱くなるため紫外線カットの対策が欠かせないなどの副作用もあります。

 

トレチノインはまんこには要注意

まんこは皮膚が薄いところです。
ですので体や顔などにトレチノインを使うならまだ危険性は低いですが、刺激すぎて黒ずみが悪化したり乾燥してガサガサになってしまったり肌が剥けるなどのトラブルを招きかねません。

 

トレチノインを陰部に使いたい場合はアメリカから個人輸入するという方法もあるのですが、肌が荒れてしまっても自己責任で誰も保証してくれません。
トレチノインを使うなら皮膚科のもとで使うほうが無難です。

 

トレチノインを使うぐらいなら

何も危険を冒してまでトレチノインをまんこに使うことはありません。

 

トレチノインを使うことを検討するくらいなら、ビタミンC誘導体やトラネキサム酸などの配合された安全な美白成分の入ったクリームを使うことが優先でしょう。
下記では市販されているまんこ専用の美白クリームを紹介します。

 

 

  • イビサクリーム
  • ホスピピュア
  • ピューレパール
  • ホワイトラグジュアリー

これらの商品にはトラネキサム酸の副作用の心配がかなり小さい成分が使われています。
ですのでまんこの色を病院ではなく自宅でピンクにしたいならこちらを使うほうが賢明な選択です。